わたしの読書感想文 vol.1

はじめまして&こんにちは
ヨガインストラクターのKanaです。

今日からこのサイトでも
ブログを始めさせてもらいます。
よろしくお願いします。

ここでは、まずは私のおすすめの本や映画を
紹介させてもらう場にしたいと思います。

ヨガ×本や映画
一見関係ないようにも思えますが…
皆さんもご存知の通り、
ヨガってただポーズを取ったり
エクササイズするわけではなく、

ヨガ哲学などを通して
色んな考え方、生き方も教えてくれるものです。

そして本や映画の中の言葉や表現の中にも
わたしたちの生活を豊かにしてくれるパワーやたくさんの気づきがあります。

そんな今まで触れてきた言葉や考え方は
わたしの生き方やライフスタイルそのもので
それを伝えていくことは
ヨガのインストラクターとしても
ひとりのにんげんとしても大事にしたい部分です。

きっと本や映画を紹介することで
ヨガに触れる皆さんにとっても
より生活を豊かにしてくれるきっかけになったり
何を考えるきっかけになればいいなと思います♡

記念すべき1冊目の本にはこちらを選びました。

『村上さんのところ』 村上春樹 新潮文庫

読んだことはなくても
誰しもその名を聞いたことはあるはず
世界的作家の村上春樹。

彼の元に世界中から集まった
3万通以上の質問メール
その中の選りすぐりの473通の問答を収録した本。

恋愛、人間関係、仕事、社会問題
ライトな質問からディープなお悩みまで
村上春樹からのお返事が書かれていて

きっと自分と同じ悩みが見つかったり
異なる立場の人々の悩みについて知ることができたり
何より村上春樹のアンサーに
心救われたり、ハッとさせられるはず。

その中でも特にお気に入りのものがあって
それがこの第1回目の投稿にぴったり。

21歳の女子学生から『言葉の怖さについて』

仲良く見える友達も実は裏で良くないことを話していたり、SNSで批判する友達の姿を見かけたり、最近人間がとても苦手になってしまった

という質問。

それに対する村上春樹の答えの一部

『僕はこうして文章を書いて35年も生活していますが、身にしみて学んだのは「言葉って本当に怖い」ということです。ペンは剣よりも強いとよく言いますが、言葉は実際にナイフのように人を切り裂きます。だから僕は慎重に慎重をかさねて文章を書いています。』

村上さんのところ/新潮文庫/P399 4行目

またそのあとには…
SNSが発達したことで
世間では刃物のような言葉が
ひゅんひゅん飛び交っていること

文章を書くプロからみると
これはとんでもないことだということ

相談者が傷つくのもよく分かると仰ってます。

確かにこうしてスマホひとつで
簡単に文章を作ったり
いつでもすぐにメッセージを送ることができるけど

簡単で便利になったからこそ
言葉ひとつひとつの重みを忘れてしまいがち

もしも人とのやり取りがこんなに簡単でなければ…
きっと受け取るであろう相手のことを
もっと想像して
言葉そのものももっともっと選んで考える

わたしは言葉のプロではないけれど、
プロじゃないからこそ、

そのことを忘れないようにして
ツールを使っていきたいなあって思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

Kanaの最新記事8件