心と体の福祉論 福祉職がヨガをしてみた 1

yogimeets Koka SP Lesson

ヨガ

人生でしないだろうと

思っていたことの一つです。

中学時代はバスケットボール

キャプテンで楽しみました。

部員にはハンデを持った方もいて、

その経験もその後の

福祉職という選択につながりました。

学生バイトではスイミングコーチ

一日何時間も水につかり、

5歳児さんから

成人コースまで年配の方々まで

泳ぎ方を教えました。

子ども時代に

できなかったことをかなえるために

37歳から軟式野球とソフトボール

経験者に交じって楽しみました。

今年からはヨガ!!

新しいことにチャレンジ。

ヨガは母がしていました。

今から30年以上前、1980年代だと思います。

なじみはあったのですが

自分がするイメージはなかったです。

昔から体が硬い私はストレッチすら苦手。

そのためか、今の仕事についてからは

体のコリがひどい。

肩、首、足の付け根。。

時はコロナ禍。オンラインだらけで

座りっぱなし。

電車移動は常に立たないと

腰、足がおかしくなる日々。

そんな時に

タクロー先生のお誘いをいただき

体験することに!

基本誘われたら、やってみる!

その精神で、サバイバルゲームも

デモ参加も、おみこしかつぎもしてきた 笑。

タクロー先生も素敵な方なので
まずはやってみよう!と。

…そうしたら!

ヨガって深い!ってなっていきました…(続く)

千葉晃央(yogimeets Koka Staff)