ヨガの恩恵(yuka第10回)

体操とヨガの違い

どちらも優劣はありませんが

器械体操や新体操は 見せるもの、採点競技。

ヨガは 自分自身の心身を中庸に保つもの、自己の探究。

ヨガ指導資格

多種多様に存在しますが、今のところ全て民間資格です

国家資格の教諭一種免許(体育)等とは違い、

身体が出来ていれば3日で取れるものもあれば、

インドで徳の高い指導者から授けられるサーティファイドティーチャーは世界でも数少ないです

(アシュタンガ教本
サーティファイドティーチャーTarik Thami氏の監修)

約30年前、ヨガを数年学んだのち私も体系立てて勉強したくなり、今となったらミステリアス な資格をいくつか取りました🙊

あっという間に取得した『シニア向けチェアヨガ』

‘国家’ならば よほどのことがない限り消滅しませんが、あのシニアチェアヨガ母体は今頃どうなっているのかな?💦

(夫婦でウォーミングアップ中。
陰ヨガ要素を取り入れながら☺️photo by Akira Ito , yogimeets staff)

多くの人がリピートして受けたくなるレッスンを提供されるヨガ指導者のかたがた。

最終的に資格は関係ないように思います

アーサナ力、人間性。

そして生徒自身が今求めているヨガかどうか。

指導者も多種多様でいらっしゃいます

私が書くまでもありませんが

子供の頃から何か特別な訓練を頑張ってこられ、鍛え抜かれた身体でグングン導いてくださる指導者。

目を見張るような超上級アーサナを実際に取り、動画では分からないポイントを身体で教えていただけて心から感動しています

また、

大人になって クラスの生徒とほとんど同じようにヨガ道に入られ、その後熱心に修練されたからこそ、

ご自身の実感として導いてくださる指導者。

筋肉の弱さ・関節可動域の狭さに寄り添う誘導のおかげで身体が魔法のように動き、やはり感動して涙が出そうになります

どちらもありがたくて嬉しい存在です!

私の場合、ヨガは目的や手段や資格ではなく『生活の一部』、

心に向かう『恩恵』の塊。

これからも『ヨガのある暮らし』が続けられたら幸せです

そしてヨガを愛する皆さまと『ヨガの恩恵』を分かち合えたら、なんて嬉しいことでしょう😊

これからもどうぞよろしくお願いします

yuka